一般社団法人 お寺さんの会 葬儀・葬式・読経・戒名などお困りの方へ信頼できる僧侶を派遣します。
お寺さんの会 葬儀・葬式・僧侶派遣

ご葬儀後のサポート

ご葬儀後のサポート

「ご葬儀」後のこと…あなたはご存知ですか?

人が亡くなったら通夜をして葬儀を行う、これは大半の人が知っていると思います。では、その後のことだとどうでしょう。よく分からないという方もいらっしゃることと思います。
人は亡くなった後、実は「中陰」という期間(49日間)を経て、納骨に至ります。「初七日(しょなのか)」という言葉なら聞いたことがあるでしょう。この「初七日(しょなのか)」も「中陰」の期間内の法要です。
「初七日(しょなのか)」「二七日(ふたなのか)」「三七日(みなのか)」「四七日(よなのか)」「五七日(いつなのか)」「六七日(むなのか)」「七七日(なななのか)」
「中陰」と呼ばれる期間の法要は実はこんなにあるのです。
その後、最初の法要が「百か日(ひゃっかにち)」といい、「一周忌」「三回忌」「七回忌」と年忌法要を行っていきます。また、年忌法要とは別に、毎月故人の命日にお勤めをする月忌法要もあります。
ちなみに、中陰の法要をする理由として、こんな言い伝えがあります。

49日間で計7回の裁判

人は亡くなると冥土に行きます。そして、49日の間、7日ごとに計7回の裁判を受けます。この裁判によって次に行く世界が決定するので、少しでも裁判結果が良くなるように願うことが中陰の法要を行う意味です。ちなみに、この旅の間食料となるのは線香の香りと言われています。49日間線香を絶やさないのはこれが理由です。
まず、冥土の世界に行くと「死出の山」を越えなければいけません。この山を越えると第1回目の裁判を受けます(初七日)。裁判官は秦広王(しんこうおう)で、五戒全般について調べられます。そして、次に待っているのがかの有名な「三途の川」です。無事、三途の川を渡ると第2回目の裁判です(二七日)。裁判官は初江王(しょこうおう)で、"どれだけ生き物を殺したことがあるか"を調べられます。 この裁判が終わると、あとは7日ごとに裁判が行われ、第3回目の裁判では宋帝王(そうていおう)によって"自分の妻(または夫)以外と交わったかどうか"を調べられます(三七日)。その7日後、4回目の裁判では五官王(ごかんおう)によって"どれだけ嘘をついたことがあるか"を問われます(四七日)。ここで来世の行き先が判断されます。そして、5回目の裁判では皆さんご存知の閻魔王(えんまおう)が登場します。五七日をしていれば例え地獄行きであっても、「これだけお前を思ってくれている人がいるんだぞ」と言って地獄行きを許してくれます。意外と優しいんですよ。
さらに、死後41日目に変成王(へんじょうおう)が五官王と閻魔王の報告を元に裁判を行います。そして第7回目、最後の裁判で泰山王(たいせんおう)によって最終判決が下され、前世の行いにふさわしい世界に行くこととなります。

お寺が伝えなければいけない大切なこと…

言い伝えにもあるように、いずれも大切な意味がある法要です。なぜ行うのかという意味、必要性をきちんと理解していなければ、行う意味もなくなってしまいますし、故人も浮かばれません。現代ではこういった法要を行う意味を理解していない人が多いのも現実です。
法要とは亡き人や先祖を偲び、命の尊さをかみしめ喜びを確かめ合う大切な行事です。ですから、きちんと理解して行うことで、それが故人様のためにもなります。
こういったことは本来、お寺やお坊さんが伝えていかなければなりません。しかし、最近のお寺はこういったことを伝える役目を忘れかけており、それが今の現状に繋がってしまっています。
「お寺さんの会」では、こういった現状を打破するため、またお寺本来の役割をしっかりと果たすためにも、ご葬儀後のサポートを全力でさせていただきます。分からないことだらけであったとしても、きちんと意味をお伝えし、故人様を本当に気持よく送り出せるよう精一杯努力致します。法要のお勤めはもちろんのこと、その必要性や意味に関しても分かりやすくお伝え致します。
また、葬儀後の素朴な疑問…
「葬儀の際、白木の位牌を頂いたけどどうすれば良い?」
「法要の時ってどんな準備をしておけば良いの?」
こういったことに関しても、全て解消致します。お寺は「ご葬儀」が終わったら役目が終わるわけではなく、最後までサポートすることが当たり前、「お寺さんの会」はそんな信念を持ったお坊さんの集まりなのです。
派遣可能エリア
派遣可能エリア
トップページお寺さんの会について僧侶の派遣万一の時はこちらよくあるご質問お問い合わせご葬儀相談
終活相談|対面相談|お寺さんインタビュー縁結び子育て支援提携寺院募集