一般社団法人 お寺さんの会 葬儀・葬式・読経・戒名などお困りの方へ信頼できる僧侶を派遣します。
お寺さんの会 葬儀・葬式・僧侶派遣
結婚式

結婚式の大切さ

永遠の愛を誓い合う「結婚式」…。
運命的な出会いで知り合い、愛を育み、結婚というカタチを生み出す。女性にとってまさに憧れの瞬間です。ただ、最近では結婚式はやらなくてもいい、または身内だけで式だけ挙げて披露宴は考えていないという方もいるようです。そんな方も、そうでない方も、今一度結婚する事、結婚式を挙げることの意味を考えてください。 結婚とは、人生において最も大切な節目となる事柄の一つなのです。これを機に、生活環境が一変し、それを取り巻く人間関係の輪が今まで以上に広くなります。結婚式は、人間関係をよりよいものにするための最高のチャンスなのです。必ず今後の人生において、よりすばらしい人との関わりを築きあげるためのきっかけとなるとなるはずです。

結婚式の種類

現在、結婚式は教会で挙げるというのが定番化していますが、実はお寺でも結婚式を挙げることができます。「仏前結婚式」というのですが、ご存知でしょうか。市川海老蔵さんと市川真央(旧姓:小林真央)もお寺で結婚式を挙げましたが、あれも仏前結婚式です。では、そのままの勢いで、仏前結婚式についてもう少し詳しく紹介しましょう。

仏前結婚式とは

仏前結婚式とは日本で古くから行われている結婚式のスタイルで、「仏前」という名前のとおり、仏様の前で結婚式を行います。この結婚式は1892年に浄土真宗本願寺派の藤井宣正(ふじいせんしょう)が東京白蓮社会堂に結婚式を挙げ、各宗派において仏前結婚式が普及しました。お寺や自宅の仏壇の前で行われるのが一般的ですが、中にはホテルや結婚式場でも仏前式を扱っているところもあります。挙式には、新郎新婦と仲人・媒酌人だけの立会いで行われることや、新郎新婦とその親族のみの立会いで行われます。

仏前式の魅力

教会式と仏前式で大きく違うところは、新郎新婦が結婚を誓うのではなく、結婚することを仏様と先祖に報告する、という形で行われることにあります。運命の人とは、生まれたときから赤い糸で結ばれているなんて言われたりもしますが、まさに仏前式は、新郎と新婦が出会ったこと・結婚に至ったことを“お互いの縁”と考えることが基本となっています。そして、その縁を親や親族を含めた先祖に感謝することで、お互いをより一層大切にしようとする心が生まれるのです。

結婚式はお寺で

最近では、この仏前結婚式のあり方、考え方に賛同する若者も多く、仏教を信仰していない場合でも、「こういった考え方の結婚式が挙げたい!」と仏前結婚式を挙げるカップルも増えているなど、"お寺で結婚"が今、密かなブームになりつつあります。もちろん、お寺さんの会では「仏前結婚式」をさせていただきます。ふたりが出会えたというご縁を仏様、ご先祖に報告、感謝をして、教会では味わえない感動を味わってみてはいかがですか。
お電話相談
トップページお寺さんの会について僧侶の派遣万一の時はこちらよくあるご質問お問い合わせご葬儀相談
終活相談|対面相談|お寺さんインタビュー縁結び子育て支援提携寺院募集